鉄道模型の楽しみ方

楽しみ方としましては大きく分けて「作る・走らせる・飾る」の3種類があります。

プラモデルのように好きな車両を自分自身の手で作り出したり、好きな車両を走らせてたり、鉄道車両を1両ずつ並べるて飾ったり、実際の風景などを再現したジオラマを作って飾るなどの楽しみ方があります。

 また、これらを組み合わせた楽しみ方も出来るでしょう。

 

鉄道模型の楽しみ方 - コレクション

○走らせて楽しもう

走らせて楽しむには車両・線路・コントローラーの3つが必要です。

コントローラーと線路は同一のメーカーのものに合わせる必要がありますが、同一のサイズの車両であれば異なるメーカー同士で走らせることができます。

各社より予め3種類セットになっている入門セットが発売されていますので、初めはこちらから用意をして、徐々に線路の長さや車両の数を増やしていきましょう。

ある程度慣れてきてスペースに余裕が出てきたらジオラマに挑戦してみてもいいですね。

線路を敷くスペースが無い場合はレンタルレイアウトを利用する方法があります。車両の持ち込みができるほか、車両の貸し出しを行っているところもあります。

20080125-main3items 90168 p5_k

 

眺める

展示スペースに応じて1車種につき1両のみを飾ったり、編成にして飾ったりできますし、車両だけではなくてジオラマのような風景を織り交ぜた飾り方もあります。

鉄道03 p5_n 20081217-n700_m2

 

○飾って楽しむ

展示スペースに応じて1車種につき1両のみを飾ったり、編成にして飾ったりできますし、車両だけではなくてジオラマのような風景を織り交ぜた飾り方もあります。

tana